コンタクトプローブとは?

コンタクトプローブとは、基板やコンデンサ、リチウムバッテリー、半導体等々を始めとした、幅広い機器に対する電気的な導通検査や、高周波検査に使われている電子部品のことを言います。

コンタクトプローブとは

検査をするためのプローブ

検査プローブは、電子試験装置を被試験デバイス(DUT)に接続するために使用される物理デバイスのことを指します。

検査プローブの種類は多種多様で、非常にシンプルで頑丈なデバイスから、精巧かつ高価で壊れやすい複雑なプローブまでさまざまです。大きなジャンル分けをしますと、タイプとしては、探り針、オシロスコーププローブ、電流プローブなどが挙げられます。検査プローブは多くの場合、プローブ、ケーブル、終端コネクターから成るテストリードとして提供されます。

当社で製造、販売している検査プローブは、スプリングコンタクトプローブの事を指します。

コンタクトプローブについて

コンタクトプローブという名前は、DUT(被試験デバイス)を試験用の電子機器に接続するデバイスに由来してることはご存知でしたでしょうか。

コンタクトプローブとは、DUT(Device under test:被試験デバイス)のテストポイント、コンポーネントリード、その他の導電機構に接続するために、電気試験設備で使用されるスプリング付のピンの事です。これらのコンタクトプローブは通常プローブソケットに圧入されており、試験装置上で簡単に交換できるようになっています。簡単に交換できるようになっている理由は、試験装置は自動試験機で何千ものDUTをテストを行い、数十年間使用されることが想定されるからです。

コンタクトプローブを検査目的という意味で使用する場合は、大きく分けて、主に下記の2つの異なる用途として考えることができます。

検査用コンタクトプローブの二大用途とは

インサーキットテスト(ICT)用のスプリングコンタクトプローブ

スプリングコンタクトプローブは、インサーキットテスト(ICT)におけるデータ収集のために、DUTと試験機器を結ぶ電気経路の役割を果たします。 このテストの主な目的は、抵抗/インピーダンス、部品有無判定、短絡の有無など、電気回路部品のさまざまなパラメーターをチェックすることにより、プリント基板(PCB)を検査することです。

ファンクションテスト(FCT)用のスプリングコンタクトプローブ

スプリングコンタクトプローブは、ファンクションテスト(FCT)にも使用されます。このテストでは、実際の動作条件とほぼ同じ条件下で、DUTの動作確認が行われます。 この時、主に電流を流してDUTの入出力の電気的動作を確認します。 検査の対象やプロセスに合わせて、全長や取り付け方法、グリッドサイズ、先端形状、バネ荷重、接続のタイプなどが異なる、さまざまなタイプのスプリングコンタクトプローブがあります。

製品のカタログの電子データ(PDF)をご希望の方へ

弊社カタログは、用途別に豊富にご用意しております。ご要望に合わせてお送りさせていただきますので、下記フォームよりご連絡ください。

カタログお申し込みフォーム

お気軽にお問い合わせください

年間 2000件以上の用途や仕様に合わせた柔軟な設計と製造を行っており、35年以上の国内外一流企業との取引実績多数あります。小ロットから大規模生産まで、柔軟に対応しております。まずは、どのようなポゴピン、ポゴピンコネクタが必要かお聞かせください!

03-5295-7090

受付時間:平日10時~12時/13時~17時