株式会社シー・シー・ピー・ジャパンは、ポゴピンとポゴピンコネクタの
設計と製造のメーカーです。

ポゴピン(コンタクトプローブ、スプリングピンコネクタ)とは?

  • 20,000種類以上の製品ラインナップと柔軟なカスタム設計
  • 年間 2000種類以上の自社設計・自社生産での製品開発力
  • 600坪以上 のメッキ加工工場、クラス100,000のクリーンルーム保有
  • 35年以上に渡る国内外の⼀流企業様との取引実績多数有

業界標準を設計した当社は、290以上の最新製造ラインによる高品質品の大量生産 / 200機種以上の試験機器保有 / 熟練した技を持つ450名以上の技師 / 65種類以上の特許取得と独自素材開発、といった体制によって、最も複雑な構造のコネクタも組み立てを可能にしており、厳しい品質要求に対しても非常に高い評価があります。また、お客様の状況に合わせた細かなカスタム対応を得意としております。

製品情報

カスタマイズ

弊社は、国内外の大手エレクトロニクス企業様との35年以上に及ぶ提携により、豊富なノウハウを蓄積しております。また開発スケジュールも、自社のターニング、メッキ工場により迅速かつ柔軟に対応致します。品質管理システムと高性能機器による安定した製品品質を保証し、お客様の使用に満足いただけるカスタマイズが可能です。

カスタマイズ

よくある質問

検査頻度はどのくらいですか?

仕様による指定が特にない場合、CCPは一般的に各工程につき2時間ごとに製品5個の検査を行っています。必要があれば、検査頻度を上げることも可能です。全ての製品は、外観検査や抵抗検査などのさまざまな検査工程を通過します。どの検査を適用するかは、製造の工程によります。この検査方法は半自動の組み立て工程に使用されるものです。完全自動工程には、各工程の後に最大で100%(全数)の検査があります。

製品はどのように保管されますか?

弊社の倉庫には環境管理機能が備わっており、湿度を60%未満、温度を30℃未満に制御しています。地震活動のモニターも行っています。

サプライヤの管理はどのように行われますか?

CCPは、サプライヤとの長期にわたる安定した関係を大いに重視しています。弊社の主要サプライヤは弊社工場の近くに拠点を構えており、サプライヤ訪問も定期的に行っています。CCPでは、自社設備に適用しているものと同じ品質要件(IQC->IPQX->FQC、2時間ごとに5個以上の検査など)をサプライヤに課し、全てのサプライヤに対しランダムに検査を実施しています。また、サプライヤの大部分において、CCPは主要顧客となっています。CCPはサプライヤに対する採点システムを導入しており、その品質、入手可能性、全体的な能力の評価を行っています。評価基準は、期限通りの納入が≥97%、納入品の検査歩留まりが≥98%です。

よくあるご質問一覧

お問い合わせ

年間 2000件以上の用途や仕様に合わせた柔軟な設計と製造を行っており、35年以上、国内外のエレクトロニクス企業様との取引実績が多数ございます。小ロットから大規模生産まで、柔軟に対応しております。まずは、どのようなポゴピンコネクタ、コンタクトプローブが必要かお聞かせください!

お問い合わせ

C.C.Pの特徴・強み

C.C.Pは、品質が企業の成功の鍵であると考えています。市場の革新に耳を傾けて最適な製品をお客様に提供することにより、製品の品質を継続的に改善しています。

品質への取り組み

製品利用事例

弊社の特徴は、業界随一の製品群と、国内外のお客様との35年以上に及ぶ開発実績による豊富なノウハウです。幅広い市場に参入しており、様々なデバイスに対しオリジナルなポゴピンや、検査プローブをご提供させていただいでおります。

製品利用事例一覧

会社情報

株式会社シー・シー・ピー・ジャパンは、世界をリードするコンタクトプローブ、ポゴピン、検査用プローブ、スプリングピンコネクタ、クラウンスプリングコネクタのメーカーです。

ニュース